さいたま市浦和区の個人宅ヴァイオリン教室です            

初めて楽器を持つ小さなお子様から音大生までを中心にレッスンしています。音高・音大受験、コンクールについてもご相談下さい。これまでに、専門の道を歩む多くの生徒を育ててまいりました。趣味の方も楽しく長く続けていらっしゃいます。

まずは、大切な基礎をしっかり身につけましょう。

 

 ★大人の方の新規レッスンはお休みしております★

 

はじめに

  プログラム発表会.docx (12278)プログラム.docx (12 kB)ぷらおおおんぴお プロヴァイオリンは、自然木を長い時間かけて乾燥させ、人の手で丁寧に彫り、削り、組み立てられた繊細な楽器です。できあがった製品は、その後幾年にも渡って持ち主を変え、弾きこまれていくうちに、その楽器でしか表わせない特有の音色を持つようになります。こうして何人もの人の手を介していくことにより、日常的な喜怒哀楽だけでなく、人間の奥底から紡ぎだされる奥行きのある音を奏でるようになるのです。 「人の声に最も近い楽器」と言われる由縁だと思います。

私は、ヴァイオリンと共に歩んできた長年の演奏活動、教育活動の経験を生かし、お一人お一人に見合った内容の濃いレッスンをしたいと考えております。楽器を通して音楽の輪が広がり、皆様の生活がより豊かになりますことを願っております。

向井 理子(東京芸術大学卒)

お知らせ

発表会

2019年09月19日 14:40
12月14日(土)夜(時間未定)市民会館うらわコンサート室、発表会を開催します。年長(6才)~大学3年生までの出演予定です。

レッスン空き状況

2019年08月04日 14:14
月曜日15~16時、16:45~17:30/火曜日17:30まで/水曜日17:45~18:30/金曜日15~16時、17:45~18:30/土曜日10~11時、13:30~14:30、16時以降/日曜日午後/尚、隔週や不定期レッスンの生徒も多いのでこの限りではございません。ご相談下さい。

コンクールについて

2019年07月24日 13:42
私の生徒達は、これまでに全日本学生音楽コンクール、日本演奏家コンクール、かながわ音楽コンクール、日本クラシックコンクール、全日本ジュニアクラシックコンクール等を受けています。コンクールを受けるのは目標をもって練習できるので良いことですが、どうしても数か月はそのことだけになり、大切な勉強が抜け落ちてしまうこともあります。私は入賞することより、その生徒に「今、何を勉強するべきか」を考えながら、例えば予選でエチュードやバッハを弾けるコンクールを選んだり、響きのよい大きいホールでの演奏経験の為に、場合によっては予選だけいくつか受けてみる・・・と目的に合った方法で受けるように勧めています。

小さいお子様(初心者)レッスンについて

2019年06月15日 18:05
4才~としていますが、4才については、幼稚園生活をしている、親御さんが楽器を弾ける(ピアノでも)、お箸を使える、じっとお話を聞ける・・・等 お会いしてようすを伺った上でレッスンをはじめるか、少しお待ちいただくかご相談しています。また私は、楽器サイズの面からも、10分の1サイズ以上からスタートが良いと思っています(もっと小さいサイズもありますが)。5才(年長)の子は、大概は問題なくお引き受けしております。

レッスンの付き添いについて

2019年01月29日 11:16
レッスンでは弾き方や練習の仕方は説明しますが、それを身につけるには、お家で身体が覚えるまで、繰り返し練習し自分のものとする以外方法はありません。 小さい方は、やはり親御さんの協力あってのことですので、付き添いをお願い致します。 小学校高学年くらいから、一人で練習できる習慣がついている子や、付き添いなしの方がかえって集中できる子など、ようすを見ながらその子に合わせた方法を取っています。もちろん、一人でレッスンを受けている子の親御さんには、折々にようすをお知らせしています。